2022年9月30日金曜日

ゆく河の流れは絶えずして、とどまりたるためしなし。

昨日,3年生は,(公社)山梨科学アカデミー主催事業「未来の科学者訪問セミナー」で,北杜市オオムラサキセンター副館長冨樫(とがし)和孝先生をお招きし,「昭和町の小川に住む生き物」というテーマで授業を行っていただきました。これは,お伝えしたとおりです。実は4年生は同時刻,押原公園に出向き,昭和防災センターを中心に昭和町の防災施設・設備について見学するとともに,危機管理担当の三井様などから具体的な御説明をいただきました。日が変わり,6年生は本日朝から,10月17日実施予定の陸上記録会に向けての取組を,本格的にStartさせました。体育の時間だけで無く,朝と放課後の練習が予定されています。運動会は,5日前の日曜日でした。子どもの成長は「とどまりたるためしなし」とはいえ,学校の教育活動も「とどまりたるためしなし」です。







2022年9月29日木曜日

科学の種をまく「未来の科学者訪問セミナー」開催

 本日,3年生は,北杜市オオムラサキセンター副館長冨樫(とがし)和孝先生をお招きして,「昭和町の小川に住む生き物」というテーマで授業を行っていただきました。これは,(公社)山梨科学アカデミーの主催事業「未来の科学者訪問セミナー」として開催しました。テーマは,「ふるさと教育」「SDGs(環境教育)」等の視点から,本校が設定しました。押原小学校はこれと平行して現在,ビオトープの改修を行っており,晴天ならば10月18日(火)に山梨県水産技術センターの協力を得て,昭和町内の河川で調査捕獲した魚をビオトープに放流する予定でいます。本日も,今後,本校ビオトープでその姿を見ることになるであろう川魚のスターであるドジョウやミナミメダカの他,ハゼに似たカマツカやアブラハヤ,沢ガニ,はてはニホンスッポンの子どもまで(これ等は全て鎌田川で捕獲されたとのこと)お持ちくださり,子どもたちは間近で観察をしていました。「都市化が進み,昭和の川にどれほどの魚がいるか不安でしたが,清流の上に色々な生き物が生息していてビックリしました」とは冨樫先生の感想。「昭和町の自然で初めて知ったことが多く,また自然の生き物のことを詳しくしれて良かったです。自然の大切さ,自然のすごさを知ることができ,家族にも伝えていきたいです」とは児童代3年2組の吉田君の感想。3年生にして「自然のすごさ」に気づくとは。企画した者として,これに勝る喜びはありませんでした。ふるさと昭和を愛する心,ふるさと昭和の自然を愛し,誇りに思う心を,一層育んでいきたいと思います。












2022年9月28日水曜日

押原小の秋

朝,校区内を歩いていると,金木犀(きんもくせい)のかおりが,漂ってきました。もう,そんな季節なんだなと,秋を実感した次第です。ちなみに,コンビニエンスストアのカウンターには,クリスマスケーキのカタログと共におせちのカタログも。考えてみると令和4年も残り三月(みつき)です。昨夜は,臨時学校運営協議会と「押原地区 親子 ふるさと探検 説明会」を合同で開催させていただきました。議題の中心は11月5日(土)に開催予定の「ふるさと探検」についてでした。何せ,初めての試みであることから,御協力を願う交通安全指導員(安協)の皆様や共催いただく「押越区生涯学習推進委員会」との打ち合わせを入念に行いたかったからでした。いくつかの課題を御指摘いただくなど,事務局としては大変有意義な会となりました。御意見を参考に,計画の改善を図り,10月の中旬をめどに,具体的なものを児童及び保護者の皆様方にお示ししていきたいと思います。さて,秋の全国交通安全運動に合わせ,本校においても朝の登校指導を,昨日よりStartしました。安協の皆様方にも,お力添えをいただいております。秋の日差しが降り注ぐ中,ザリガニを捕獲した子どもも。押杜も,秋の風情です。






 

2022年9月27日火曜日

何事もフォロー‐スルーが大事

小学生の頃,夏休みになると,地域のソフトボールのチームに入り,朝な夕な,練習に参加していました。そこで,指導者の方から教えていただいたことに,「ボールを打った後のフォロー‐スルーが大事」という教えがありました。辞書によると,follow-throughとは,「球技などで、球を打つ・投げる・蹴るなどしたあとに、腕・足を最後まで振り切る動作」と書いてあります。しかし,この「やりきる」という行為は,何も球技の場合のみ大切なのでは無く,何事においてもだと思います。そういったわけで,本日,中休みを用いて,白組・赤組に分かれて「運動会まとめの会」が開かれました。最上級生の6年生が1人ひとり感想を述べたり,リーダーとして下級生に感謝の言葉を述べたりした後,5年生の音頭により下級生が6年生に対して感謝のエールを送る場面もありました。こうした上級生と下級生の「絆づくり」も運動会の一連の重要な柱。運動会が終わったならば,「やりっぱなし」では無く,たかが15分程度ですが,こうしたfollowがとても重要だと思いました。このような学びが繰り広げられる押原の学び舎(まなびや)を,秋の日差しが静かに・優しく包んでいました。






2022年9月25日日曜日

有難うございました×3

 近頃,子どもたちによく「校長先生は,どうして小学校の先生になったの?」と聞かれます。「子どもが好きだからだよ」と応えると,「なぜ,子どもが好きなの」と聞き返されます。私の答えは「子どもたちは,どんなことにも一生懸命に取り組むからだよ」です。1つ目の「有難うございました」は,当然,子どもたちにです。今日も,感動とやる気をもらいました。競技・演技も一生懸命。係活動も,一生懸命。子どもたちは本当に素晴らしかったです。有難うございました。2つ目の「有難うございました」は,保護者の皆様へです。本日の運動会は,保護者の皆様の,日頃からの御理解と最大限の御協力があっての賜です。有難うございました。そして,3つ目の「有難うございました」は地域の皆様方へです。約2週間の取組期間中,大変お騒がせを致しました。御理解をいただいたおかげで,子どもたちと心置きなく練習に取り組むことが出来ました。本当に素晴らしい運動会でした。有難うございました。今後とも,宜しくお願い致します。







2022年9月22日木曜日

もぉ~雨,降るな!

 最後の全校練習を始めたところ,雨がザァー。多目的室,体育館に分かれて,最後の打ち合わせをし始めたところ,雨上がる。断続的に雨が降り,空は一向に安定しません。急遽,3小学校の校長が集まり,連休中を含め,今後の対応を協議・確認しました。そして,いずれのケースにも対応できるよう,確認をしました。今後,予定変更を図らねばならない場合は,逐次「あんしんメール」で御連絡を差し上げる事となりました。4年生以下の下校後,5・6年生と教職員で,運動会の準備をしました。15号と目される台風の北上が予想される中,準備が出来ない部分もありました。さて,時流の体調不良により,今回の運動会に参加できない児童が数名います。その子どもたちのことを思うと,やるせない思いに包まれます。私たちの心は,その子どもたちの心と共にあります。本校は,1台端末を,担任がその子どもたちの御自宅に届け,ライブ配信の予定です。せめてもの思いです。もぉ~雨,降るな!








2022年9月21日水曜日

体調管理をお願いします

 朝晩,ぐっと冷えてきました。そこで今朝は,長袖の子どもが一気に増えました。子どもだけでは自分の体調を管理しきれない部分もあります。衣服の調節の他,うがい手洗いなど,健康・体調管理をお願いします。いよいよ,土曜日は運動会です。児童の昇降口にも,児童会顧問の萩原先生を中心に作成されたテーマ看板が掲げられ,運動会の雰囲気が格段に盛り上がって⤴きました。一方,午前中に,町教育委員会と各校の校長・教頭・教務主任が会して,「令和4年度 昭和町学力向上推進会議」が開催されました。これを踏まえ,今月末をめざし,この場で御指導いただいたことと本校の学習及び生活状況をまとめ,保護者の皆様に後日お伝えする予定でいます。